LUMIX GX7mk3を買わない理由

LUMIX GX7mk3 性能は理想に近いカメラです

マイクロフォーサーズというマウントに限定した中で
LUMIX GX7mk3は理想に近いカメラです。

総合的な性能ではG9の方が上ですが
高額で、重たく大きなG9。
コストパフォーマンスや軽さなどを考えると
GX7mk3はG9を持て余しそうなユーザーにとっては
理想的なカメラだと思います。

初代GX7の画質は、GM1sやGF7と変わらないレベルだと思います。
GX7mk2は、ローパスフィルターレスで、
GM1sやGF7と比べて、より解像したクリアな絵になります。

GX7mk3では、2000万画素の新しいセンサーを採用しており
G9と同等の高画質を期待できます。

また、GX7Mk2と比べてダイヤルが改善され、
ファインダーがチルト式になるなど
より使いやすいカメラになっています。

コストパフォーマンスが良く、
自分も物欲に負けて買ったことがあるGX7mk2に比べて
より魅力的なカメラになっています。

スポンサーリンク

それでも買わない LUMIX GX7mk3


写真のLUMIX GX7mk2は、半年ほどで手放しました。
購入した時点では、ほぼ満足のいく機能を持っていたカメラでした。

しかし、その機能を実現するために初代のGX7よりも一回り大きくなっています。
そして、GX7mk3は、グリップを大きくするなど、GX7mk2よりもさらに大きく。

GX7mk2は、性能を落としてもコンパクトさを優先してGF7に買い換えました。
買い増しするのであればGX7mk3ではなく、
GX7mk2並みの画質が期待出来るGF9を選んだ方が良さそうです。

カタログ上の性能の優秀で頭の中で使い方をシミュレーションし
色々な場面で使いやすいと思って購入しても
見た目と持ち歩きやすいコンパクトさを優先してしまいます。
過去に何度も買い替えを繰り返してきました。

グリップのしやすさよりも、薄く絞り込んだシンプルなコンパクトなボディ。
画質や機能は毎年進歩していますが
GM1sやGF7、また、GF9で十分に高画質、高機能です。

手ぶれ補正が強力、高感度性能が向上したなど進歩はしています。
でも、撮影方法やレンズの選び方、撮影スタイルなどで
大部分は何とかすることができます。

どうしても、それ以上の性能を優先するのであれば
G9を買うべきかと思います。