Canon PowerShot G9 X Mark Ⅱを手放した理由

コンパクトさの代償

1型センサーのコンデジとしては破格のコンパクトさ。
2年前に初代G9Xを購入して、1ヶ月あまりで手放し。
2年後、懲りずにG9X MarkⅡを購入。
今回は4ヶ月でした。

理由1 チルト液晶がない
チルト液晶、毎回使うわけではないですが
10回に1回でも、使いたいときに液晶が動かないのが
結構なストレスになります。

理由2 iPhone?と思える絵になることが
広角で撮影した場合に、
あれっと思える絵が残っている場合がありました。
これ、iPhone7で撮ったっけ?と。

理由3 マクロの絵がモヤっと
 これはソニーの RX100を使っていた頃から
1型センサーの気に入らない点でした。
LUMIX LX9で、少し改善されていたので
期待していたのですが、昔のまま。

LX9は、チルト液晶付きで、iPhone7よりは確実に高画質
マクロもG9X MarkⅡよりはシャープな印象。
多少大きくて、重たくても、LX9を使いたい。

そして、
軽くて、薄くて、ちょっと高画質。G9X MarkⅡ。
綺麗に記録するだけならiPhone7で十分。

スポンサーリンク

LX9がベスト


LX9が1型センサーのコンデジとしてはベストです。
LX9は手放す気にはなりません。