LUMIX GF9をLUMIX GF7と比較して


正面から見るとGF9の方が角ばっています。
上から見るとボタンなどの配置はほぼ同じ。
後ろ側もほとんど変わらないので操作感はほぼ一緒。
キットレンズの12-32mmのキャップの色がシルバーに。

GF9がGF7よりも優れている点

まず最初に感じたのはオートフォーカスの速さ
空間認識AF採用によって、オートフォーカススピードが早くなっているように感じました。
AFセンサー測距点がGF7の23点に対して49点と増えたことにもよるのでしょうか
マクロでのオートフォーカスの迷いは改善されている様に感じました。
・ローパスフィルターレスで若干GF9の画質の方が
クリアで解像度が若干高くなっているかと思われます。
・動画は4K対応。熱暴走するとの話もあるので、どこまで使えるのか。

正直な話、GF7をGF9に買い替える必要はないと思います。
ではなぜ、GF7とGM1Sを持っているのにGF9を購入したか。
理由はいくつかあります。

・画質やオートフォーカスなどの向上があるのでGF9を使いたかった。
・GF7をメインに、GM1Sをサブに使ってきたが
GF7を修理に出したとき、液晶が動かないGM1Sは使いづらかったので
メイン機、サブ機ともに液晶が動くものが欲しかった。
・GM1Sは購入して3年。問題なく動作しているものの
壊れる前に、サブ機を用意したい。
・GF10はGF9から進歩が感じられず、発売されたばかりで高い。
・GF9の在庫が減り始めている気がしたこと。

*GF10には全面右下のLマークがなくなりました。
 GF9からなくして欲しかった。

これらを総合的に考えて、買い時かなと判断しました。

GF9がGF7よりも劣っている点


MicroSDカードです。
他のカメラが全てSDカードなので、追加で買う必要があります。
また、MacBook Airで読み込むときにはアダプターが必要です。


キットのズームレンズがプラスチックマウント。
GF7までは金属製でした。
プラスチックだから壊れるということではないですが改悪しています。

MicroSDカードが許せるのであれば、いいカメラだと思います。