幅広靴の選び方 ビルケンシュトック(02)シカゴ

P1070762

初めてのビルケンシュトック

幅広の足なので、ずっと気になっていたビルケンシュトックの靴。
都内の店舗に行っては初めて履いてみたのはパサデナでした。
P1060239
この写真がパサデナです。チロリアンシューズのような形。
店員さんから硬いですよ、と言われましたが
その硬さが足裏にとても心地良く、これしかないという気持ちになりました。
歩きたくなる靴でした。
とはいえ、3万円以上だったでしょうか?
安っぽいソールで、ドイツでは半額くらいで売られてそう。
一度頭を冷やすため、その日は退散。

在庫している品揃えが違うかも知れないと思い
1週間後に別の店舗へ。
そこで出会ったのがシカゴでした。
多用途、仕事にも使えそうで、1足目としては最適です。
試したサイズは39(25cm)幅広。少しめでした。
メンズは39からなので、これが一番小さいサイズ。
パサデナは同じ39でも足にちょうど馴染む感じ。
メンフィスは、甲が少しキツイ。
メインだと、痛いくらいにキツイ。
同じビルケンシュトックの同じサイズの靴でも、
こんなに履き心地が違うとは驚きでした。

yafuoku20171215sicago1 - 1
結局は、パサデナよりは、多少は高級そうな感じで
ソールも普通の靴の形をしているシカゴを買って帰りました。
2012年12月のことです。
上の写真は、購入から5年後の2017年12月。

スポンサーリンク

3年間シカゴばかり履いてました

P1050900
1足目のシカゴは正規店舗で新品で購入しましたが
靴のクオリティからすると価格が高いと思います。

そのため、2足目以降は中古品をオークションで落札しました。
黒を追加で3足、茶を1足、合計4足。1足平均8,000円くらいでしょうか。
前のオーナさんたちは大切に履いていたようで
アッパーは革は、どのシカゴもキレイでした。

シカゴ5足とパサデナ2足、それ以外の靴はほとんど処分していた時期もあります。
しかし、同じ靴ばかり履いていると飽きて来るんですね。
他の靴が気になってきます。その結果。

P1070793
2年程前にキーンのアウトレット店で激安の靴を2足購入。
本革で幅広。フットベットの硬さはないものの中敷で調整も可能。
キーンの方が舗装してない道も歩きやすので
旅行に行くときには、キーンを選んでしまいます。
結局、パサデナはオークションで手放してしまいました。

そして、遂にシカゴを卒業せざるを得ない状況に。
シカゴの生産が終ってしまったのです。
今では、ソールの在庫も無くなり修理も出来ません。

P1070762
これは、シカゴのフットベッドを外した写真。
アウトソールにフットベッドが収まるような構造になっています。
ソールの付替えは1万円程で出来そうなのですが
(靴の修理屋さんに確認済み)
今のフットベッドは使えなくなってしまいます。
修理出来ても、どんな履き心地になるのかは全く分かりません。

yafuoku20171215sicago - 2
修理に出すべきかどうか、結論を出すために
シカゴの代わりになる靴は無いか、市場調査をしてきました。

P1070656
ビルケンシュトックでは、ギルフォードかティミンズ。
上の写真は、ギルフォードのブーツタイプ(参考)。
最近のメンズシューズはサイズ39の幅広が無く、40始まり。
サイズ40を試し履きすると、踵の部分に少し隙間が。
幅は狭くなっていて若干キツめだけれど履いていくうちに馴染みそう。
ソールは歩きやすそうな普通のもので、交換はしやすそうです。
若干長めでも、なんとかなりそうではあります。
ソールに厚みがあって、修理もしやすそうなのは、この2種類だけ。
24800円、ちょっと悩んでしまいます。

その他、リーガルなど、いくつかの靴やさんへも行きましたが
足に馴染む靴がみつかりません。
日本人の足の形の変化や流行などあるのでしょう、
どこへ行っても尖がった印象の靴ばかり。

最後に、近所のABCマートへ。
P1140628
ホーキンスのエアーライト25cm3E。
軽量で歩きやすく幅広なビジネスシューズ。
足に馴染みます。ぴったりです。
3万円、5万円の靴と比べれば安っぽく見えますが
少し離れて見たら6000円の靴には見えません。
実際、型落ちの在庫処分だったので、
1〜2年前には1万円以上していたのかもしれません。

P1140628
シカゴと比べると幅は狭いですが、
甲の部分が高いので履くと横に広がり
指を圧迫することなくフィットします。
革は柔らかめで履き込めば一層馴染んできそうです。
中敷の交換は必要かもしれません。

P1140628
横幅がシカゴに比べて、1cm近く狭いホーキンス。
それでも履けば問題なし。
5年間シカゴを履いていたので、普通の靴が新鮮に感じます。

仕事の関係でビジネスシューズを履く機会が減り、
シカゴを履くのは月に2回程度。
週3回も履くのであればビルケンシュトックで選びます。
月に2回ならホーキンスで問題無さそうです。

ビジネスで必要な時には
中途半端なビジネスシューズのシカゴより
このホーキンスの方が場に馴染むでしょうし
履く機会が少なくても安く買えたのでコスパは悪くないです。