LUMIX LX9レビュー

P1000384

LUMIX LX9 明るいレンズが活躍

広角端ではF1.4と大変明るいレンズです。
日中であれば屋内でもISO125で撮影。
1インチセンサーでもISO感度が上がらなければ十分にきれい。

P1000369
寄って撮影すれば玉ボケも。

P1000347
望遠マクロっぽく撮影できるのも楽しい。

P1000366
手前をぼかして。

P1000367
反対に奥をぼかして。
 

スポンサーリンク

やっぱりズームは楽しい

P1000395
広角でスナップ。

P1000393
少しだけズームして。

P1000390
ズームして、寄って、背景をぼかして花の撮影。

P1000364
普通の街中スナップでも、少しズームすると良い感じに切り取れます。
ソニーRX100を手放して2年近く、ズームを使ってなかったので
新鮮な気持ちで楽しんでいます。

LUMIX LX9のイマイチな点

基本的に十分満足しています。
RX100、G9X、GR2にはなかった満足感です。
過剰な要求になってしまいますが、イマイチな点を挙げると。

・ズームすると、すぐに暗くなるレンズ
  とはいえF2.8まで。
・暗所の描画が甘い。
  1インチセンサーの限界。
・ISO1600で塗り絵だらけになる。
  これも1インチセンサーの限界。
・重さ250g、厚さ35mmを超えている。
  GR2、RX100、G9Xのように割り切らないと無理。

画質は、当面GM1s+単焦点レンズをサブ機にして補います。
マイクロフォーサーズのLX200に期待したいところですが
画質は良くなる反面、大きく重くコンデジサイズではなくなることでしょう。
大きな技術革新でも起きない限りLX9はベストなコンデジで居続けるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする