農場カメラとマクロレンズ 2年間のまとめレビュー

P1030281

60mmF2.8マクロと30mmF2.8マクロ

オリンパスの&0mmF2.8マクロはレンズ内手ぶれ補正はないので
手ぶれ補正が強化されたLUMIX GX7mk2で使用。

パナソニックの30mmF2.8マクロはレンズ内手ぶれ補正付きなので
手ぶれ補正のないLUMIX GF7で使用。

最初のマクロレンズは、オリンパスの&0mmF2.8マクロ。
2年あまり、メインのマクロレンズとして使っています。

IMG_3453
最初のボディは、オリンパスE-PL6ホワイト。
マクロの場合、手持ちで、手ぶれ補正効果はあまり期待できない?
というような情報もあり、PL6で十分だろうと思ったものの
結構ブレる。もっと強力な手ぶれ補正があった方が良いのか?

R0010554
中古の格安OM-D E-M5シルバーボディを見つけ購入。

R0010548
わずか1ヶ月ほどでPL6からOM-D E-M5に乗り換え。
手ぶれ補正は強力な方が良いですね。
気のせいかもしれませんが。

PB010221
その半年後に、パナソニックの30mmF2.8マクロを購入。
レンズ内に手ぶれ補正機能がある標準マクロということで
LUMIX GM1sで利用。コンパクトなので持ち運びも便利。

P1120895
それから、さらに1年あまり。
LUMIX GX7mk2を購入。E-M5の後継機として。

P1090586
E-M5は、ファインダーが真ん中にあるため
液晶を上に向けた時に、ファインダー部分とアイカップが邪魔になります。
液晶画面が一部見えなくなってしまうのです。

防塵防滴と強力な手ぶれ補正は魅力的なのですが
そのほかにも、シャッター速度は1/4000秒までとか、
実感は無かったものの微ブレ問題がきになるとか、
シャッター音がうるさいとか

P1120897
新しいカメラが欲しくなったこともあり、
防塵防滴でなく、手ぶれ補正も若干弱いけれど
電子シャッターが使え、ファインダーにじゃなにならない
そして、若干が画質も良くなった?
LUMIX GX7mk2に乗り換えました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする